top of page
  • 斎藤きよみ

友達に「死にたい」って言われたら?

更新日:4月6日

こんにちは。

心理カウンセラーの斎藤きよみです。


昨日深酒して頭が痛いです。

もうお酒は飲みません(嘘)


さて、今回は"友達に「死にたい」と言われたら?"というちょっと重めのテーマについて説明していきたいと思います。



目次




この記事を読む前に

今回の記事では「自殺」を取り扱います。


記事を読んでいる最中に、胸がザワザワしてきたり、苦しくなってきたときにはこの呼吸法を試してみてください。



心が少し落ち着くと思います。


さて、本題に入っていきましょう。




”友達に「死にたい」と言われたら?”について書こうと思ったきっかけ

最近カウンセリングで実際に聞いたお声にこんなものがありました。


「友達が『死にたい』って言ってたんですけど…」


「『死にたい』って言ってる人って本当に死にたいんですか?」


「『消えたい』って死にたいってことですか?」


とても怖いことですが、「死にたい」という人と関わるうえで、自殺については知っておくべきことがいくつかあります。


実際のカウンセリングでお伝えしたことに追加して、今回は書いていきたいと思います。




「死にたい」ってどんな気持ち?

  • 楽になりたい

  • 毎日がもうしんどい

  • 生きていく意味が分からない

  • 苦しくて耐えられない


上記のような気持ちはほんの一部です。


「死にたい」という気持ちは、人によって全然違います。


「死にたい」と言う言葉はこんな意味を含んでいることもあります。

  • もうこれ以上、辛い思いをしたくない

  • 死にたいわけじゃないけど、どうしようもない苦しみから逃れたい

  • 今までの人生十分苦しかったし楽しかったから、もう生きていたくない

  • 僕が死ねば、自分を苦しめたあの人は後悔してくれるかもしれない


実は「死にたい」と言う言葉は「死ぬこと」と直結していない可能性もあります。


ストレス負荷のかかった状態では、人間は冷静な判断が出来なくなります。


その結果「死ぬ」という選択肢しか頭に思い浮かばなくなってしまうこともあります。




自殺の前兆のサインはどんなものがあるの?

①いつもと違う行動が見られるようになる

  • 急にギャンブルやパチンコにのめり込む

  • 真面目な人が無断欠勤したりする

  • 部屋に引きこもる、口数が極端に減る

  • 周囲への関心がなくなる、テレビや新聞を見なくなる

  • 食事がおいしくない、食欲が減る

  • 深酒が増える、逆にお酒がまずいと言う

  • 性生活が急になくなる

  • 身だしなみに気を遣わなくなる

  • 少しのことで不機嫌になって怒りっぽくなる



②体調不良が見られるようになる

  • じっとしていられず焦る

  • 痛みや苦痛を強く訴える

  • 頭が痛い、肩こりがひどい

  • 寝つきが悪い

  • 何度も目が覚める

  • 朝早くから目が覚める

  • 朝は特に体調が悪い


自殺の切迫したサインはどんなものがあるの?

①自殺をほのめかす

  • 「遠くに行ってしまいたい」と言う

  • 自殺する場所を下見に行く

  • 包丁や紐を探したり隠し持つ



②別れの用意をする

  • 手紙や写真の整理をする

  • 大切なものを人にあげたり、整理する

  • 急に昔の友達や、遠くに住む家族の消息を気にする



③過度に危険な行為に及ぶ

  • 重大な事故に繋がるような行動を繰り返す



④言動の変化

  • 「お世話になりました」と状況にそぐわない感謝をする

  • 「生きていても迷惑をかけるばかりだ」と自分を責めるような訴えをする

  • 「もう治らない病気なんだ」と必要以上に身体にこだわる

  • アルコールや薬物の乱用がある



⑤実際に自殺行為に及ぶ

  • 手首を浅く切る

  • 薬を既定の量以上に飲む


上記のようなサインが見られたら”友達”の範囲内でなんとかできるものではありません。


メンタルクリニックの受診やカウンセリングを勧めてください。


当カウンセリングを紹介していただくことも可能です。


また、友達の「死にたい」にどうしたらいいか分からなくなった時にはご利用ください。




「死にたい」と言われたらなんて返したらいい?

まず「死にたい」と言う言葉に過度に反応しないでください。


誰でも「死にたい」と言われたら、戸惑ってしまうものですが、驚かないでください。


一旦、心の準備をして、「死にたい」と言う言葉を冷静に受け止めることが必要です。


それから、否定や話をそらしたりしないでください。


話をよく聞かずに「そんなこと言っちゃダメだよ」と言わないこと。


「そんなこと言わないでさぁ~」と話をそらさないこと。


否定したり話をそらしたりすると、相手は「全然わかってもらえない」「なんにも話を聞いてくれない」と思って心を閉ざしてしまいます。


最後に、真摯に「死んでしまいたいくらいつらい」と言う気持ちを受け止め、話をよく聞いてあげてください。


その人の話を真剣に聞いて、気持ちを受け止めてあげることが出来れば、それだけで自殺の危機が過ぎ去ることもあります。


ただし、「死にたい」という内容があまりにも自分にとっては重く、不安を感じたら、迷わず専門家を頼ってください。


よくあるのが、共感しすぎてしまい、相談された側がストレスを抱えてしまうケースです。


「私が聞いてあげなくちゃ」


「この人には僕しかいないんだから」


「本当は話を聞くだけでしんどい…」


こんな気持ちが芽生えてきたら、相談された側も抱え込み過ぎないよう要注意です。




「死にたい」と言われた時に気を付けること3つ

①自殺について間違った知識を持たない

WHO(世界保健機関)が提唱している自殺予防を基にした論文の一部に、こんな表があります。





特に気を付けてほしいのが1番の「自殺について語る人ほど自殺をしない」という誤解です。


自殺する人は、何かしらの方法で「死にたい」という意思を誰かしらに伝えています。


「あー、なんか言ってるわぁ」と軽く流さないようにしてください。



②友達の意見や価値観を尊重する

先程も書きましたが、否定したり、話をそらしたりすると「この人は分かってくれない」と思って心を閉ざされてしまいます。


友達の「死にたい」と言う感情や意見、大切にしている価値観をじっくり聴いてください。


その際には特に感情に焦点を当てて、


「そっか、仕事で大きなミスをしてしまって怖くなっちゃったんだね」


というように、感情を表す言葉(怖い・辛い・悲しいなど)を使ってみてください。



③友達に”サポートメンバー”がいるかどうかの確認をする

友達が「死にたい」と言える人が他にいるのかどうか。


例えばご家族には伝えることが出来るのか。


出来ないならどの程度の愚痴なら言えているのか。


このようなことを聞くことによって、友達がハッとして、自分を取り巻く環境に目を向けることが出来るようになったりします。


また、頼ってはいなかったけど頼れる人は意外といることに気付いたりもします。


人間は、相手によって話す内容や話題を変えていることがよくあります。


言いやすい人には自分が苦しんでいる課題や疑問を隠さずに話すことが出来たりします。


この”隠さずに話せる”と言うことが「死にたい」と思っている人にとって重要なサポートになることがよくあります。


”隠さずに話せる”ことによって、ありがたいと感じ、安心するのです。




おわりに

今回は”友達に「死にたい」と言われたら?”ということをテーマに書いてきました。


さて、ここまで読んでくださった方の中には心がズシンと重くなってしまった方もいるのではないでしょうか?


そんな方は、最初の方の画像に戻って呼吸法を試してください。


今回もたくさんの情報の中からまとめた記事になります。


情報量が多かったと思うので、最後に「死にたい」と言われた時に大事なことを3つまとめて終わりにさせていただきますね。

  1. 思いやりを持って友達の話に耳を傾ける

  2. 友達の意見や価値観を尊重する

  3. 友達の感情を受け止める


最後まで読んでいただきありがとうございました。





参考書籍&参考サイト




その他の記事


最新記事

すべて表示

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page